息子のハードルと母の仕事とメンタル  ~発達障害とその家族~


ゴールデンウイーク 突入しましたね

みなさまは どんな予定でお過ごしでしょうか

数日前、毎週、内科に来てくださっているドクターが

「明日からゴールデンウイークだけど 私たち医療従事者には1ミリも 関係ないですよね~」
(暦通りの出勤、おまけに当直も2回入っていると苦笑されてました)

と、話されていましたが…

私も明日からの外来が どんなふうになるのか ちょっと気になっています

でも 今日は休みなので明日以降のことは その時に考えることにします(;´∀`)

我が家の息子も ちょっとしたハードルが出現したのか…

今は静観しています

詳しく書きたいと思いつつも…

すみません 縁起をかつぐではないのですが…いえ担いでいるのですが

何故か記事の詳細を書くと 良い方向に進まないことがあったので

事が動いていない時は 静観し 記事も…

それなら記事をアップしないで と言われそうですが

どうも習慣ついているのかPCに向かってしまって…m(__)m



DSC_0216.JPG




ただ 以前の私だったら

いろいろ今の状況について息子に聞いたり言ったりして

それこそ良からぬ方向に事を進めていたのではないかと思います

きっと人が あれ?これって良く無いよねと感じていることって

息子自身もそう思っているはず

そんな時に 私が焦って 余計なことをして

気持ちまで萎えるようなことをしてはいけない

…水面に石を投げ入れて波紋が出来ているのに そこに手を入れて

新たな波紋を作るようなことは避けたい

静かに消えるのを待つ 

今はその姿勢を忘れないようにしたいと思っています



余談

私のメンタルクリニックですが…

回避?しました

メンタルクリニックに行く前に婦人科に行ったのです

診断は更年期障害

ホルモン補充療法を始めました

効果… あります

動悸や 仕事中に多忙になってたときの思考停止などに

このところ苦しんでいました

婦人科系なのかメンタル系なのか悩んでました

若い時に婦人科系を患ってから主治医がいるのですが

定年を迎えた先生は診察日が減ってしまい予約が取りにくい状況にあったので

自身の勤務している病院の先生に相談したのですが

ホルモン補充療法に否定的で悩みの解決に至らなかった経緯があり

その間に症状は悪化 

家にいる時はいいのです

息子と話したり 娘(ワン)といる時は穏やかなのです

でも… 仕事が辛すぎました

時間に追われたり クレーム処理 電話の嵐…

もうお腹いっぱいでした

上司には状況について報告し リーダー業務から外してほしいと

お願いしていましたが聞き入れられず おかしくなる一方…

そしてメンタルクリニックに行くように言われました

そうこうしている間に ようやく婦人科の予約の日が来たのです

主治医に状況を話して ホルモン補充療法をその日から開始

ホルモン補充療法を始めたので まずはこれで様子を見て

症状が好転しないようであるならばメンタルを考えましょう と言うことですね…

両方始めてしまったら どちらの薬が効いているのか判断できないので。

そしてそして…  治療を始めて2日目ごろから少しずつ症状が軽減してきました

楽になってきています

こんなに楽になるなら ほんとうにもっと早く始めたかった…

勤務している病院でホルモン補充療法を否定されたこと

これは私の主治医によると「勉強不足」の一言でした

先生との相性もありますが いかに病院を先生を選ぶか

治療を始めるか否かも結局は自分自身で選択するのですが(アドヒアランス

治療次第で これほどまでにQOLが変わってくることを実感した次第です

ご報告でしたm(__)m






ポチっとお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

こちらもお願いいたします

発達障害ランキング

この記事へのコメント

りお
2019年04月30日 10:14
前に一度コメントさせていただいた、母子家庭(私の実母と同居中)で発達障がいの息子を育てている者です。

連休中も、お仕事お疲れ様です。医療従事者の方々他、お休みできないお仕事をされている方々、ありがとうございます。ちなみに私はパートと派遣のかけもちなので、半分位お休みです。

genki-genkiさんのこと、ずっと心配しておりました。本業でいらっしゃるから、私よりもずっと詳しいとは知りながらも、私自身もうつ病で一年半前まで、通院していた為、あと3年半は生命保険の新規加入は難しく(できなくはないようですが)、通院前に加入していた保険が何社かあるものの、満期で終わってしまった保険もあるので、不安もあります。

なので、genki-genkiさんが心療内科にかかられる前に保険の見直し等大丈夫かなぁとか、余計な心配をしていました。でも、婦人科のお薬があったようでよかったです。安心しました。

私もサプリや疲労回復の為にクエン酸等摂取していますが、genki-genkiさんの投稿を読んで婦人科にしばらくぶりに行ってみようと思いました。ありがとうございます。

うちの不登校で転学を二回したり、家庭内で荒れに荒れて大変だった息子も、この春から専門学校に通っています。

genki-genkiさんのおっしゃることわかります。私もブログに書くと、トラブルが起きるジンクスのようなものがあって、書かなくなってしまいました。不安な気持ちを書くことで、引き寄せてしまうのかしら。私の周りも、渦中の時は書かずに、後になって書く方も結構いますね。スピ系の方とか特に。

息子さんを辛抱強く見守っていらして、立派だと思います。私も医療ではありませんが、障がいのある子供達に関わりたくて、そういう仕事も始めました。一人一人皆、よいところがあります。親だと近すぎて見えないのかもしれませんが、親以外にそういう部分を伸ばしてくれる人に出会えることが大切だなぁと思います。長々とすみません。応援してますし、励みにもなっています。ありがとうございます。
2019年04月30日 14:55
『事が動いていない時は 静観し 記事も』詳細を書けないなら『アップしないで』…なぁんて、とんでもない!

お子さんをひきこもらせたり障害者枠での就職へ拙速に追い立てたり、眼前の失敗(の予兆)に耐えかね『良からぬ方向に事を進めて』しまうのは、ぶっちゃけ親御さんが『焦って 余計なことをして』当事者の『気持ちまで萎えるようなことをして』しまった結果。そこをキッチリ明文化して下さる記事こそgenki-genkiさまでなければ綴って戴けない、文字通り有り難いブログなのだといつも感謝しております。

婦人科系の薬でもメンタル系の薬でも、イライラが生じる過程の上流に働きかけるか下流に働きかけるかの違いなので、どちらを服用しても一定の奏功が期待できると思います。ただ「勉強不足」なドクターほど、手っ取り早く奏功しそうな下流に働きかける手段を選んでしまう。経験豊富で状況を俯瞰できるドクターは『焦って 余計なことをして』患者の『気持ちまで萎えるような』状況へ追い込まぬよう、まずはパスウェイの上流に働きかけて経過を御覧になる余裕をお持ちです。

これって発達障害を抱えるお子さんへのサポートも、全く同じなんですよね。ただし病院やドクターは選べますが、子どもは親を選べない/親は子どもを選べない。だからこそ、いかに「相性」を良くしていく知恵を働かせるかが大事だと私は考えています。

『最善最上の療育』
https://everywhichwaytowrite.blogspot.com/2019/02/blog-post_51.html
genki-genki
2019年05月02日 23:52
りおさん
こんばんは あたたかなコメントありがとうございます
生命保険…離婚したときに元夫が全部解約したと思います(;´∀`)
私は、以来、共済オンリーです 入院時保障を厚めにしたものです
ブログのジンクス… 縁起担ぎしてしまいますよね
自分の気持ちの楽なようにしてます(;'∀')
辛抱強く… ちょっとずつなれてきてますでしょうか…
息子とはいえ 自分以外の人は コントロールなんて出来ないですから…私が変わるしかない…んですよね…
とは言え ほんとにおしゃられる通り親って近すぎますから、メンターとなる人と出会えるといいのですが。
りおさん これからもよろしくお願いします
m(__)m
genki-genki
2019年05月02日 23:59
ヒルマさん
こんばんは いつもコメントしていただき、ほんとうにありがとうございます
縁起担ぎ ちょっとまだ…続けています(;'∀')
下手に動かないように…でも気持ちが楽になるように縁起担ぎ…してます
今日も必要と思われることを簡潔明瞭にたずねて…すると息子も機嫌を崩すことなく返答してくれています
メリハリのある対応が息子には合っているようです
私の治療ですが、ここ数日は副作用か下腹部の膨満感などに ちょっと困り気味ですが ある程度の慣れも必要なので様子を見ながら次回受診までうまく乗り越えられれば◎かと思っています 対症療法よりも原因療法… 一番つらかったメンタルが安定してとても助かっています
相性をよくしていく知恵…なるほど!です
スポンサーリンク