変化のない日々のモチベーションを維持するのが大変です ~発達障害とその家族~


世の中…一般的な夏休みは今日で終わりという方も多いでしょうか

サービス業などについていらっしゃる方は 

かえって忙しかったのではないでしょうか

私も普段通りの仕事の日々ですが、今月より病棟勤務になったので

普段とあまり変わりませんが… 外来は忙しい様子です

変わりないと言えば 前回も書きましたが

息子、変化がありません

と言いましょうか ネットゲームの相手が学生なのでしょうか

夏休みシーズンに入ってからは昼夜逆転し 

大きな声、大きな音量でゲームを楽しんでいるようです

今日もつい先ほど起きだし 買い物に出かけました

人って昼夜逆転しているとき、メンタル的にあまり調子がよろしくない…

経験上からもそんなイメージが強い…ですね


IMG_1128.JPG



これは「待て」の時期であると こちらも経験上思っています

本人のやる気が全くない時に 何かを言っても煩いとそっぽを向き

余計に一緒にいる時間を減らそうとしてきます

なので今は忍耐の時 と思っていますが
(普段もそうですね^^;)

何と言いましょうか…

モチベーションを維持するのが 大変かな

親なら サポートするならがんばりなさい とか言われるでしょう

でも 仕事も息子のサポートも失敗を許されないっていうのは…

疲弊しますよね

相手の失敗は看過する努力をし でも自分は失敗をすれば

まるで仕事と同じようにインシデントレポートを書くかのように振り返り…

相手に謝罪し…  気を遣い… 見守り… 

何かおかしくないかな… 負担が一方的なようで やるせない気持ちになります

発達障害だから仕方ない?  う~~ん

対等…

むしろ今は 上から目線で見られていると思うこともあります

この塩梅?がむずかしい

開き直りと言われても 失敗のない人なんていないんだけどな

そして

上から目線で言われるのがイヤなのは

発達障害の人だけでなく 私もそうですから…




ポチっとお願いいたします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

こちらもお願いいたします

発達障害ランキング


この記事へのコメント

アマリリス
2019年08月19日 11:26
病棟勤務に変わられたとのこと、なれましたか?
今年の夏も猛暑ですし、体調を崩されないかと心配です。

息子さんの言動、自分自身が疲れていて心身ともに余裕がない時こそ、許せない、腹立たしい思いが起ころうかとお察しいたします。
私は気が短いので、とても穏やかに対処されている姿を読み、心から偉いなあと。そして息子さんからしたら、きっと家というホッとできる居場所がある限り、精神的にもいい状態だと思いますが。

でも。どうしたらいいのだろうか・・。行政とかサポートを受けられる手立てはないだろうかと心から思います。こういった時に気楽に家族が受けられる相談窓口はないものなんでしょうか。

そして、一方的に支える側が我慢するのがベストな方法なのか。「穏やかに暮らしたい」その思いが親にある限り、気持ちを封印してその場をやり過ごすことがベスト・・考えてしまいました。

私も子供(22、20,18歳)がいますが、どこまで生活面や態度までサポートしていくのかと気が遠くなります。

あなたのブログに共感して、救われている読者が大勢おられます。どうかご自愛してくださいね。

まとまりのない文章でごめんなさい。
2019年08月19日 13:38
前回のコメントの繰り返しになってしまいますが…
間違いなくgenki-genkiさまはご自身が実行叶う「最善」を尽くしておられると、改めて拝読しました。

ただ息子さんにとっての「最善」は、一方的な負担への不平不満を内心に秘め、ひたすら忍従する我慢強い親御さんではなく…書類の書き方や役所の窓口対応を粘り強くサポートして下さったように、当事者自身の失敗を『インシデントレポートを書くかのように振り返り』つつ「失敗体験」へと昇華する方法へ誘導できる、戦術戦略に長けたメンターだと私は思うのです。

再々申し上げてきたとおり、ヒルマはgenki-genkiさまの失敗を責めているのではありません。ワンオペサポートには限界がある、という事実をお伝えしたいだけなのです。是非とも『どこまで がんばれるか』ではなく『どこを がんばれるか』とお考えになって、息子さんへのresponsibility(辞書には「責任」という訳語が載っていますが、ここは「感応性」と直訳して下さい)を少なくとも部分的に、ご家庭の埒外へ分担を委任なさる潮時と僭越ながら拝察いたします。

『諸事、準備を整えて次へと進む』方向が、息子さんにとってもお母様にとっても「最善」であるよう蔭ながら祈念しております。

『たったひとつの冴えたサポート』
https://everywhichwaytowrite.blogspot.com/2019/02/blog-post_28.html
genki-genki
2019年08月19日 20:10
アマリリスさん
こんばんは。お心遣いいただき、ありがとうございます。病棟にはまだ慣れるところまではいきません…でも身体の方は、外来と違い週休二日が約束?されているので、楽なように感じています。(夜勤はしばらくはしませんので)いろいろと、むっと思うことはありますが…それは仕事も同じですが…怒りからは良いものは生まれにくいのだと自分に言いきかせています…。きっとやり過せているのは、娘(ワン)や身内や友人の存在、それから仕事があるからかなと思っています。もう少し病棟に慣れてきたら好きな立ち寄り湯に行くなど、ささやかな楽しみを持ちたいと思っています。ママ友たちは子が手を離れていますし結婚する子もいたり… それを寂しがっていたリ… 私の寂しさ?とジャンル?が違うようですが…。私は 経済的にももう少し楽になりたいなぁとか思っています。行政のサポート、私も長い間考えていましたが、結局、中途半端?な訳で、行政には期待できないと思っています。そういうサポートをしている親の集まりなどが出来ないものかな…そんなことも考えます。ガス抜きの場は必要なのだと思うので… とりとめのないコメントになりm(__)m 稚拙なブログですが、これからもお願いいたします。
genki-genki
2019年08月19日 20:41
ヒルマさん
こんばんは。コメントありがとうございます。役所へのアプローチができたのは、タイミングも合致し、息子自身も自分でやらねばならないことと自覚し行動することを受け入れたからだと思っています。次なる段階への行動へ移るにはタイミングはもちろん、本人の気持ちのGOサインが出なくてはならないことと…あと大切なのは「戦術戦略に長けたメンター」は息子を実際にしらない方にお願いするのはむずかしいということです。息子は知らない人に会うのは極端に拒絶します。私の失敗とは何を指されていますか?…紹介してくださろうとした方にお会いしなかったことでしょうか?…思い返すと失敗はいろいろあります。失敗と言われること自体が○とは思っていません…本人は追い込んではいけないですが、サポートしている人は追い込んでもいいのでしょうか?…就労支援に行き自分には適していないと判断した息子はこの先、どうしたら良いのか…少しずつ経験を積みながら考えていると信じています。今は待つ時と思っています。お金がかかる外部支援も我が家の経済力ではお願い出来ません。実際お金がないのなら出来ない、全ての人を救える訳では無いと言われました。私はまずは経済的な余裕を得るために今の環境での仕事に慣れステップアップしようと思います。ブログに息子の全ての情報をアップしている訳ではありません…。
スポンサーリンク